ツルタのタネ株式会社

長野県 川上村 レタスの産地でレタスの種苗を提供するプロフェッショナル ツルタのタネ株式会社

新品種のご紹介

レタス品種のご紹介

その他の品種のご紹介

栽培技術

ご案内

HOME»  玉レタス3»  早生ステディ

早生ステディ

早生ステディ栽培様式

 

早生ステディ_特性表

 

ツルタ交配
種子規格Lコート5,000粒Lコート1000粒

 

<特性>

  1. ステディ×カルマー系の交配交雑群から、低温期での極早生・肥大性・形状性を目的とした系統選抜種。
  2. 生育は極早生で、ステディより5~7日ほど収穫が早い。
  3. 葉色は、ステディと同等の濃緑
  4. 外葉は大きく、葉数が多い。
  5. 球形は豊円で肥大力がある。

<ハウス・トンネル栽培での要点>

  1. 低温時の生育が旺盛なので、換気時期をステディより7~10日ほど早くする。
  2. 結球中期(玉の大きさが、握りこぶしくらい)からは、被覆材(タフベル等)の中掛で、換気をやや弱める。これは、切り口の突出防止で、しりの形状が良くなる。
  3. ステディより5~7日早生のため、収穫遅れに注意する。

<ベタ掛け栽培での要点>

  1. ベタ掛け資材の除去は、ステディと同様に早めに行う。
  2. ステディより5~7日ほど早生のため、収穫遅れに注意する。

◇極早生・低温肥大性
◇強耐病性(寒さの傷み)

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから