ツルタのタネ株式会社

長野県 川上村 レタスの産地でレタスの種苗を提供するプロフェッショナル ツルタのタネ株式会社

新品種のご紹介

レタス品種のご紹介

その他の品種のご紹介

栽培技術

ご案内

HOME»  玉レタス2»  ステディ CLASSICクラシック

ステディ CLASSICクラシック

ステディクラシック栽培様式

 

ステディクラシック特性表

 


根グサレ病菌レース1・抵抗性3 根グサレ病菌レース2・抵抗性3

種子規格Lコート5,000粒Lコート1000粒


レタスにおいて、品種特性・形質が長年にわたり不変であることは大変難しく、ステディは厳格な管理の下で種子生産が行われております。1982年の発売時の原種のひとつがステディクラシックです。この原種はトンネル栽培下での過へん平形状のために、当時は丸玉の形質をもつ系統ステディが実販売されました。地球温暖化や地力の肥沃化等の栽培環境の中で、ステディクラシックはタケノコ球対策品種としてご愛用いただいております。低温期栽培でステディを、温度上昇期でステディクラシックを使い分ければ、より安定した作柄が期待できます。

<栽培の要点>
温度上昇期の栽培では、資材・肥料によって、栽培結果が大きく異なる。


地球温暖化に適応!
「タケノコ球」対策品種

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから