ツルタのタネ株式会社

長野県 川上村 レタスの産地でレタスの種苗を提供するプロフェッショナル ツルタのタネ株式会社

新品種のご紹介

レタス品種のご紹介

その他の品種のご紹介

栽培技術

ご案内

HOME»  玉レタス»  玉レタスの品種選定

玉レタスの品種選定

玉レタス

 

春レタスの品種選定について

レタスの栽培適正温度は20℃です。昼温と夜温の温度差は10℃が最適です。徐々に春めいた温度や天気はレタス栽培の適期です。品種間格差の出にくい時期でもありますが、気象変動を考慮した幅広い特性品種を選択する必要があります。上記の温度を維持するためのトンネル資材等や被覆資材を有効に活用することによって、早期出荷が可能です。トンネルの開閉時期や被覆資材の除去タイミングは品種や気象を考慮します。最も作りやすい「ステディ」シリーズから大型豊作品種の「ゼニトルダー」をご用意しております。
 

春レタス品種比較一覧表

 

夏秋レタスの品種選定について

冷涼で乾燥した気象を好むレタスの栽培時期としては、大変厳しい作型です。地球の気象変動により従来の産地でのレタス栽培が難しくなっております。長野県の高冷地においてもレタス限界温度(28℃)を超える日があります。防除時期を失うほどの長雨・高温は玉レタス品質の低下や品薄・高騰を招きます。品種・土壌・栽培技術が問われる作型です。
少肥栽培品種から多肥栽培品種、中温から高温栽培品種と幅広くご用意いたしております。
地質・地力や温度に適した品種をお選びください。

 

夏秋レタス品種比較一覧表

 

冬レタスの品種選定について

冷涼で乾燥した気象を好むレタスは、10℃以下では成長が極端に鈍化します。このため、低温期栽培では、トンネル、被覆資材、ビニールハウス等の保温管理が一般的です。トンネル栽培では朝晩の換気作業を緩和するための、強制換気システムや蒸し込み栽培技術が導入されております。トンネル内の温度を20℃以下に保つ必要があります。レタスは極端な温度変化を嫌いますので、冬型栽培ではトンネル・被覆資材の管理技術が重要です。育苗期間は30日から45日とし老化苗の定植は避けます。病害虫の発生しにくい時期ですが基本防除が生産結果を左右することがよくあります。これらの基本作業と品種選定で失敗しないレタス栽培が可能です。
ツララの姉妹品種の「セリオン」・「グランディ」で幅広い作型に対応できます。

 

冬レタス品種比較一覧表

 

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから